ネットでの誹謗中傷を防ぐ!言葉を選ぼう!

汚い、幼稚な言葉はNG!

ネットはブログ・ツイッター・インスタグラムなど自由に自分を表現できるステージでもあるのですが、気をつけないと誹謗中傷の対象になってしまうことがあります。例えばある事柄や人物に対して、まるで小学生が使うような幼稚な悪口コメントを書き込んだり、生命の継続を否定するような言葉を書き込むと当然他の方に目をつけられます。このような言葉は社会的に見てもNGですし、明らかに他人を刺激するような言葉は何一つ良いことがありません。

配慮に欠けた表現はしない

人間は十人十色です。自分の考えと他人の考えが大きく違う場合もあるということを理解しなければなりません。例えば細身の女性が好きな方もいれば太めな女性が好きな方もいるということです。なので「女性は細身であるべき」などと自分の考えを断定的に表現してしまうと、反対意見の方は虐げられているような気持ちになり反発されてしまうのです。自分の意見を主張しつつも、反対意見をしっかりォローすることも忘れてはなりません。

主張し過ぎないことも大切

自由に表現できるのがネットではありますが、ネットも公共の場なので自分が出過ぎないことも大切です。残念なことにどんな正論を書いても、何かにつけて誹謗中傷したがる人が存在するのも事実です。誹謗中傷を防ぐという観点だけで考えるならば、当たり障りのない、そして突っ込みどころがない無難な表現が適切です。いかがでしたか?文字とは言え誹謗中傷されて気持ちの良いことは一つもありませんよね。心の中ではしっかりと意見を持ちつつ、表現は波風を立てないような言葉を選びましょう。

誹謗中傷対策はまず誹謗中傷を言っている人たちにやめて、と言うことです。それができなかったら周りの人に頼ることも大事です。